クセ毛との上手な付き合い方〜このクセなんとかして〜

ヘアケア

 

横須賀のクセ毛ショート・縮毛矯正・メンズが得意な美容師

aseiです^^

 

クセ毛に悩む人が多いニッポン

 

日本人の約70〜80%もの人がクセ毛と言われる世の中で、自分のクセ毛と上手に付き合えている人って意外に少ない、、、

 

女性、男性に限らずクセをコンプレックスの一つとして悩んでる人多いと思う

 

その悩みを解決する方法は大きく分けて2通りあるので説明していきます

 

 

解決策その①

自分のクセを好きになってもらう

 

まずは、カットなどの技法を用いてクセを生かす(活かす)方法。

 

主に女性の肩上ボブ〜ショートヘアの方、男性のショート〜ミディアムの方は、こっちをオススメします!

 

クセ毛に対応した特殊なカット技法でクセを見極めてカットしたり、悩ましい生えグセを修正することができる技術などを用いて、クセ毛でないと表現できないようなスタイルを作り

 

クセ毛に生まれて良かった!!

 

と思っていただけるようなスタイルをご提案します。

 

解決策その②

化学の力を借りる

 

いわゆる縮毛矯正などの薬剤を使用したストレート技術で、髪の毛を真っ直ぐにクセを殺す(伸ばす)方法。

 

カットだけでは求めるスタイルに到達できない場合や、そもそもストレートヘアが好き!という方などはこちらになるでしょう

 

ストレート技術にも様々な方法があります

 

・アルカリ縮毛矯正

・酸性縮毛矯正

・ストレート(パーマ落とし)

・ケミカル髪質改善(グリオキシル酸、ケラチンなど)

・etc…

 

まだあると思いますが、大きく分けてこのくらいかな?

 

そして、基本的に薬剤を使用しクセを伸ばすタイプの技法は、アイロンやブローにより適切に熱を加えて毛髪の形状を変化させるものが多いです

 

工程としては、毛髪の状態を見極め、使用する薬剤を選定、適切に塗布作業をし必要な分だけの熱を加え、アイロンワークで目指す形を作っていきます

 

また、縮毛矯正は大きく失敗すると取り返しのつかないことになるので、数ある美容師が行う技術の中でもトップクラスに神経を使う難易度の高いメニューです

 

その為、仕上がりが技術者の知識や技術にとても依存するメニューとなっています。

 

僕も述べ5千人を超えるお客様のクセを伸ばしてきた中で独自の理論を確立していますが、やはりしっかりと勉強していて経験豊富な美容師さんに任せるのが安心と言えます。

 

”結論”

 

クセを生かすか殺すかは、担当の美容師さんとしっかりと相談して、自分のなりたいイメージを伝え、いつもの美容師さんでは叶わなそうであれば思い切ってそのジャンルを得意分野としている美容師さんにお願いする。

 

とても勇気のいることですが、医師も内科医・外科医・小児科医・産婦人科医・etc…と、それぞれ得意分野を持ち、それぞれのフィールドで活躍されているように

 

美容師にもカットが得意な人、縮毛矯正が得意な人、カラー、パーマ、セットアップ、etc…、様々な技術がある中で、特に自信を持ち得意分野としている美容師さんがいます。

 

もちろん、現在担当してもらっている美容師さんが既に自分の理想を叶えてくれている場合は、是非長いお付き合いをされることをオススメします!

 

ご自分の理想を叶えてくれる美容師さんと巡り会えるといいですね^^

 

それでは☆

 


コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました